我が家の浪費の実態!浪費をなくす方法をまとめました!

おすすめ節約術recommend

サンプルイメージ

無理なく節約出来るには、どんな方法があるでしょう。
分野別に考えていきます。

【住宅・ローン】
*自治体の家賃補助を利用する。
自治体によっては、人口減少を防ぐために補助金を支給しています。
身近な自治体で問合わせて調べると良いでしょう。
*預金連動型住宅ローンの活用する
預金に連動して金利が引き下げられたり、キャッシュバックがあります。
*相続時精算課税制度を活用する
65歳以上の親から20歳以上の子に対する贈与が2,500万円までは非課税となります。
通常では、2,500万円の生前贈与を受けた場合の贈与税は970万円になりますがこの場合はゼロです。
*社宅に住んで預金を増やす
社員への福利厚生として社宅や寮制度を設けている企業にお勤めなら、これを利用しない手はありません。

【金融】
*還付申告の期限は5年間有効
(1)年末調整以外の所得控除や税額控除があり、所得税額が還付になる
(2)年末調整を行ったが、処理に適用漏れがある、などの場合に、税金が戻ります。
*クレジットカードは増やさない
ポイントの利用だけ考えても、複数に分散するよりも、一本に絞ったほうがお得です。
*ネットバンクを活用しよう
店舗を持たずに済む分、手数料がかからないなどのサービスが充実しています。

【通信・PC・携帯】
*通信料の通知をネットへ
携帯と固定電話で月々215.5円、年間で2,586円もおトクに。
*NHKの受信料も払い方次第で割引に
半年の前払いにすると420円のお得になります。
また1年前払いなら約7%、1,230円もの節約になります。
さらに同一生計で離れて暮す家族や別荘などを対象に、受信料額の半額を割り引く「家族割引」もあります。
*スカイプならユーザー間で世界中通話無料
スカイプのユーザー同士なら、
1.世界中無料で通話が可能、
2.通話を固定電話や携帯に転送することが可能、
3.無料のテレビ電話が利用可能、
4.10人までの相手と同時に会議が可能、 などメリットが多いシステムです。

【医療】
*補助金を利用した健康診断の受診で医療費の節約を
健康に生活するためには、日常的な心身のチェックは欠かせません。
重篤な疾患を得てから高額な医療を受けるよりも、病気を早期に発見し治療した方が、
体への負担も軽く、結果的に医療費の節約にもつながります。
*高額療養費制度で自己負担額を大幅に減らす
重い病気やケガをして、月額で80,100円を超える治療費を支払った場合には、
申請することにより治療費の一部が払い戻される制度があります。
*医療費控除で税金を取り戻そう
家族で支払った医療費の合計が年間(1〜12月)10万円を超えた場合には、
確定申告時に申請をすることによって、所得税の医療費控除を受けることができます。

他にも節約の方法は沢山あります。
大切なことは、自分でいろいろ調べて、利用してみることです。
知っているのと知らないのとでは、大きな違いが出ることは間違いありません。

Copyright(C) 我が家の浪費の実態!浪費をなくす方法をまとめました! All Rights Reserved.